適切な敬語を知っておくこと

ロゴ

面接マナー情報局

敬語の間違いに注意

面接では、敬語での対応が当たり前ですが、間違った敬語を使ってしまう人も多くいます。どういった敬語が間違えやすいのか、マナーとしてチェックしておきましょう。

間違えやすい敬語

女の人

れる・られるに注意

二重敬語と言って、「ご覧になる」や「お越しになる」などはそのままでも使える敬語です。しかし、これにさらに「られる」をつけてしまう方が多くいます。例えば、「お越しになる」を「お越しになられる」と言ってしまう場合です。間違えやすい敬語なので、気をつけるようにしましょう。

「おられる」は間違い

「おられる」と言ってしまうのも敬語の間違いとして多い例です。誰かがそこにいることを確認したい時は、「ここにおられますか?」と言うのではなく、「ここにいらっしゃいますか?」というようにしましょう。

すみませんよりも適切な言葉は?

面接時に、何かの拍子に謝る場合は、「すみません」というのではなく、「申し訳ありません」と言いましょう。こちらの方がより丁寧になります。

了解しましたは不適切

面接官の質問に対して「了解しました」というのは不適切です。それよりも、「分かりました」や「かしこまりました」と言うようにしましょう。

大丈夫ですとは言わない

よく面接官の方に「大丈夫ですか?」と聞かれる場合があります。この場合に「大丈夫です」と言うことは丁寧な受け答えにはなりません。「問題ありません」と言うようにしましょう。

こちらも要チェック

女子高生

気をつけるくせ

面接時には緊張のあまり、つい自分のくせが出てしまうことがあります。ここでは、多くの方がやってしまう気をつけなければならないくせを紹介しています。

READ MORE
女の人

間違えやすい敬語

面接時に大切な要素の1つに敬語の使い方があります。敬語の中でも間違えやすく、勘違いして使ってる方が多い敬語をまとめました。予習しておくことで、面接時の失敗をなくすことができます。

READ MORE
先生と生徒

好印象を与える要素

受け答えも面接の時は大事な要素ですが、受け答え方やマナーだけではなく、面接官にさらに好印象を与えることができるポイントを紹介しています。

READ MORE
虫眼鏡を持つ人

長所の答え方

面接でよく聞かれる質問が「あなたの長所」です。この長所の答え方で面接の合格結果も大きく変わります。その面接時の自分の長所の答え方について分かりやすく解説しています。また、面接時に気になる疑問をQ&A方式で紹介。

READ MORE
広告募集中